マナーを守って贈り物をしよう!結婚内祝いについての豆知識

恥ずかしくて今さら聞けない!結婚内祝いとは何?

wedding manner.net

マナーを守って贈り物をしよう!結婚内祝いについての豆知識

贈り物

結婚内祝いの本来の意味

昔から、おめでたいことが自分たちの身内にあれば、その喜びの気持ちを品に変えて、おすそ分けしていたようです。一緒に喜んでもらいたいことが一般的になっています。

縁起をかつぐ柄と数

日本の内祝いの品は、数と柄にこだわります。おめでたいことに使われている数字は、奇数がふさわしいと言われています。柄は、松竹梅、鶴亀、宝尽などが縁起が良いと言われ、品物にこのような柄を選ぶ人も多いです。特に、目上の人に品物を送る時には、きちんと数と柄を分けまえることで喜ばれます。

品物を送る時期

相手からお祝いを頂いてから1ヶ月以内に、内祝いをお返しするようにしましょう。内祝いは、できるだけ手渡しが良いと言われています。遠く住んでいる人や会えない人には、郵送して送りましょう。1ヶ月以内に内祝いが出来ない場合は、一言お詫びを入れて品物を渡しましょう。

人気のギフト

品選びは、こだわりすぎない方が喜ばれます。一般的に人気な品物は、お菓子、お米、缶詰ですが、賞味期限を確認してください。また、日常に使うタオルなどは、助かります。最近では、カタログギフトが人気で、相手に好きな物を選んでもらう方法です。

広告募集中